施設の特長

末永くご自宅で健康に生活していただきたい・・・そんな思いを持ったスタッフ(専門職)がご利用者様の心身と栄養面を心を込めてサポートいたします。

特長1:リハビリ

専任の作業療法士による個々に応じたリハビリマネジメントを行い残存機能の維持及び向上を図ります。

特長2:栄養管理

専任の管理栄養士及び厨房スタッフにて、ご利用時には選択メニューによる美味しい食事提供は勿論のこと、管理栄養士がご利用されない日の栄養管理も実施致します。

美味しい食事提供

以下は実際にご利用者さまにご提供したおやつの数々です。

おやつ
おやつ
おやつ
おやつ
おやつ
おやつ

特長3:軟水風呂

温泉のようなお湯(軟水)で個別にてご入浴いただき温まっていただきます。

特長4:フィーリングアーツ

フィーリングアーツという絵画・光・音楽による幻想的な体感型芸術で感動や安らぎ、希望を感じていただきます。

フィーリングアーツ
フィーリングアーツ
フィーリングアーツ

フィーリングアーツとは

フィーリングアーツは絵画・光・音楽による体感型の総合芸術で,1981年に現代美術作家の北村義博氏が独自の感性と技法で創作したものです。 「地球」「宇宙」「生命」「天上の世界」などをテーマとして、土と墨汁と金色の絵の具(金箔)を使った抽象絵画に、北村氏が多彩な色調の照明をあてながら、光の絵画を生み出します。大地の土が使われたその作品に美しい色合いの光が映しだされると、幻想的な世界が広がります。その光の移ろいを眺めていると、まるで自分の心と対話するように、その人ならではのイメージが浮かび上がってきます。体感者自身がこころの筆でこころに描く自由なアートです。 フィーリングアーツが創り出す空間に誘われて、感動や安らぎ、希望を感じられる方がたくさんおられます。

現代美術作家 北村義博

<略歴>
フィーリングアーツ創始者
フィーリングアーツ研究会(Feeling Arts Academy)代表
滋慶学園グループ顧問
ホリスティックナーシング研究会顧問
日本保健医療行動科学会 評議員

世界中の様々な人々と出会って、いっしょに光(希望)を、生命を描きたい
北村氏は、「フィーリングアーツ1000回公演プロジェクト」として、医療・福祉・教育施設、また国内外の被災地などで公演活動を継続されています。2014年に1000回公演を達成し、現在は3000回公演を目指し活動中です。

現代美術作家 北村義博氏

随時見学受付中随時見学受付中